Iditarod Trail Parka -The Denali Expedition 1913-

“LIMITED EDITION”

~Iditarod Trail Sledding Co.~

Alaska Territory Musher’s Field Outfit

Iditarod Trail Parka -The Denali Expedition 1913-

by BARNSTORMERS

100% Alpaca Fleece Shell/100% Cotton Trimmings , Blanket Lining

¥129,000 +TAX

Customized Exclusively For Desolation Row!

 

 

2015-2016 Fall & Winter、BARNSTORMERSがテーマに掲げるのは

“NORTHBOUND EXPERIENCE / U.S. TERRITORY OF ALASKA”

アメリカにとって最後の開拓地(フロンティア)、極寒の地アラスカにそびえる北米大陸最高峰、

偉大なるデナリ(マッキンリー山)。

我々FreewheelersデザインチームとBarnstormersのコラボレーション・プロジェクト、

題して “The Denali Expedition” シリーズでは、

人類史上初めてその頂きに立った英雄達の物語を、いくつかの作品を通じてお届けします。

第2弾では、彼らの冒険をサポートするに相応しい装備品をイメージしています。

 

1912年、アメリカの宣教師、H・スタックの冒険心は極地に向けられます。

アラスカに渡り、布教活動の旅をしていた彼は、比高では世界最高峰、デナリの登攀を決意し、黙して準備をすすめます。この辺境に挑むに際し、経験豊富なH・カーステンスを招待、W・ハーパー、R・テータムという同行者を得、パーティが結成されます。

決死の覚悟で戦いに挑んだ彼らは、一つの壁を越すのに一日かけ、氷の壁を突破するのに3週間。

4600mの稜線では3日間一睡もせず、吹雪の中、小さなテントに閉じ込められます。

そして1913年6月7日、ついにその頂きには足跡が刻まれました。

「頂きからの眺めは言葉では言い尽くせないほど美しかった。天国の窓を覗き込んでいるようでした」

R. テータムは、後にそう語りました。

登頂の証に手作りの旗を掲げた彼らが下山したのは、出発してから実に3カ月後でした。

 

ミリタリーウェアを彷彿とさせるこのプルオーバー・パーカには、

英雄たちのそれぞれの名、役職、そしてその地”DENALI”の名が刷られ、フロント・バックに配されています。

毛足の長く、風雪をものともしないアルパカ・ファー、裏地に肉厚のウール混紡ブランケット、遮風性の高い2の前立て・チンストラップ…

彼らが選んだ装備は、どんな酷寒の中でも自らの命を守る工夫の凝らされたものであったでしょう。

 

“The Denali Expedition”は、もう少し続きます。

ご期待ください。

 

He  (176cm, 68kg) is wearing Size M incoat.

Available only at DESOLATION ROW

コメントは停止中です。