Malamute Pack “THE SEVENTYMILE KID”
– “THE U.S. EXPEDITION TO DENALI, 1913”-

“LIMITED EDITION”

~Iditarod Trail Sledding Co.~

Malamute Pack “THE SEVENTYMILE KID”

by BARNSTORMERS

Cotton Canvas / Cowhide / American Bison Fur

COLOR : VINTAGE KHAKI x NAVAL WHITE

¥140,000 +TAX

Customized Exclusively For Desolation Row!

 

2015-2016 Fall & Winter、BARNSTORMERSがテーマに掲げるのは

“NORTHBOUND EXPERIENCE / U.S. TERRITORY OF ALASKA”

アメリカにとって最後の開拓地(フロンティア)、極寒の地アラスカにそびえる北米大陸最高峰、

偉大なるデナリ(マッキンリー山)。

我々FreewheelersデザインチームとBarnstormersのコラボレーション・プロジェクト、

題して “The Denali Expedition” シリーズでは、

人類史上初めてその頂きに立った英雄達の物語を、いくつかの作品を通じてお届けします。

最終章は、中心人物・H.カーステンスの愛用品をイメージした逸品をご紹介します。

 

1912年、アメリカの宣教師、H・スタックの冒険心は極地に向けられます。

アラスカに渡り、布教活動の旅をしていた彼は、比高では世界最高峰、デナリの登攀を決意し、黙して準備をすすめます。この辺境に挑むに際し、経験豊富なH・カーステンスを招待、W・ハーパー、R・テータムという同行者を得、パーティが結成されます。

決死の覚悟で戦いに挑んだ彼らは、一つの壁を越すのに一日かけ、氷の壁を突破するのに3週間。

4600mの稜線では3日間一睡もせず、吹雪の中、小さなテントに閉じ込められます。

そして1913年6月7日、ついにその頂きには足跡が刻まれました。

「頂きからの眺めは言葉では言い尽くせないほど美しかった。天国の窓を覗き込んでいるようでした」

R. テータムは、後にそう語りました。

登頂の証に手作りの旗を掲げた彼らが下山したのは、出発してから実に3カ月後でした。

 

チームの実質的リーダー・H.カーステンスは若かりし頃、一攫千金を夢見て、アラスカにやってきました。

若きカーステンスが彼の地に降り立ったのは1887年。19歳の時でした。

犬ぞりによる貨物の運送や郵便配達を生業としながら、ゴールド・マイナーとしても働く日々。

 

バッグのボディ部分には、当時彼が得た、誇らしいニックネームを。

フラップ部分に用いられた毛皮は、非常に希少なアメリカ・バイソンの一枚革から。

各部位での毛並み・毛色の違いをお楽しみいただけます。

バッファローとも呼ばれる彼らもまた、アラスカの生身の自然を象徴しています。

 

Available only at DESOLATION ROW

コメントは停止中です。