Printing Methods

往時の空気を色濃く映し出すため生み出された、Freewheelersのオリジナル・プリント法。

今シーズンもいくつかのアイテムで採用し、ご好評いただいております。

一般的なラバー・プリントとは一線を画す、“Dry-up rubber print”。特殊なインクを用いることで、デッドストックのヴィンテージTシャツのようなカサついた質感を再現。着るとすぐに、新品時から想像できないほど、縦横無尽に細かいひび割れが生じてきます。

また、刷られる生地によってもインクの食いつき具合が違うため、アイテムによって多彩な表情を見せてくれます。

 

 

“Ink-bleeding hand print”は、ヴィンテージの一点物に見られる、ステンシルや手書きのプリントの“にじみ・かすれ”等の“ムラ”を表現するため、長年試行錯誤して生まれたプリント方法です。

手練た職人が一点ごとにバランスを考えてプリントする為、通常より非常に手間のかかる製法です。

“ムラ”をあえて生むということは、工業製品の常識を逸脱する行為。

ひとつひとつが全く違った仕上がりになる為、まさに一点物の雰囲気を楽しんで頂けます。

 

 

現在、各アイテム共にDESOLATION ROW及びオフィシャル・ストアにて販売中です。(一部限定アイテムもございます)

 

どちらも他では味わえない、Freewheelersしか為し得ない特殊なプリント法です。

是非、手にとってその眼でお確かめ下さい。写真では伝わらない空気を、感じて頂ければ幸いです。

コメントは停止中です。